名古屋で自動車の名義変更が必要なら迷わずちむら行政書士事務所にお任せください。

「不祥事」と「大変な失態」の違い

 2013年6月12日 日本野球機構コミッショナー 加藤良三氏は、プロ野球統一球の仕様変更を公表してなかった問題で、自分は昨日まで知らなかったと釈明し、記者会見で責任を追及されると「不祥事を起こしたとは思っていません」と答えた。この発言に対し苦情が殺到したため、14日再度会見し「ファン、選手の方々に迷惑をおかけしたことについては大変な失態であり、猛省しております」と述べたが辞任については、否定した。

 そもそも統一球導入は、2009年WBC終了後大会3連覇へ向けて、加藤コミッショナー主導の下2011年から国際大会でのNPBの選手のボールに対する違和感を無くする目的で導入し、全ての統一球には、・・加藤良三・・のサインが刻印されている。

 広辞苑によると

「不祥事」は、・・・①あってはならないこと ②縁起の悪いとこ、不吉なこと ③災難、不運 ④よくない事柄、好ましくない事件

「失態」=失体は・・・①体裁を失うこと ②面目を失うこと ③遣り損なうこと 

④体裁の悪い失敗

  よく似てはいるが、不祥事は、主に自然現象等による大きな事件 対して失態は、主に個人的な事件である。

 「不祥事」は、転じて現代用語(主にマスコミで使われる)では、一定以上の社会的な立場を持つ者又は組織・団体が起こした、社会の信頼を損なわせるような出来事、醜聞を指す。したがって 無名の個人による犯罪・事故・不正行為などは、「不祥事」と言わない。

 不祥事後は、その責任者が責任を取って辞職することが多い

その発生源とされているのは、①秘密主義 ②上層部が絶対的な権力を持っていいる 

③自社のブランド驕る又は過去の栄光にしがみついている

 加藤良三氏は、外務省出身(駐米大使戦後最長6年半)の高級官僚で大の野球好きで知られる。いずれにしてもこの言い直しは、官僚らしいといえばその通りで、言葉遊びをしている感じ。

 過去にもプロ野球選手会と 2011年東日本大震災の影響で文部省からナイターの自粛と延期を求められていたが無視、同年第3回WBC収益配分についてMLBの一方的な不均衡に対抗して選手会が不参加決議をした時も、参加すべきと主張 決議を撤回させ対立の溝は、深い。

 統一球問題は、9月に第三者委員会を設置し、シーズン終了後対応を協議することになっているがその去就を含めて注目したい。

不祥事

その他取扱業務

深夜酒類提供飲食届 廃車手続き 内容証明書作成 株式会社設立 成年後見届出手続き デリヘル営業届け  各種契約書作成 会合・来賓挨拶文作成 手紙代筆 覚書・念書作成 社内規定作成 就業規則作成  出張封印代行 ユーザ車検代行 古物商営業許可申請 探偵業許可申請 倉庫業許可申請 風俗営業許可申請